ライブトレースをAdobe・Illustrator持ってなくてもやりたい人はCLIPStudioPaint proを試してみよう

2017年9月13日


以前ライブトレースをAdobe・Illustrator持ってなくてもやりたい人はInkscapeを試してみようって記事書いたんですけど、他の方法もあったので改めて記事を書きます。今回は有料ソフトのCLIPStudioの話です。持ってる人はこれで代用しようぜ!ってことです。

CLIPStudioPaint PRO/EXで、ラスター線を一発でベクター変換できるようになってました

ComicStudio、IllustStudioのセルシスが新たに開発したイラスト、マンガ制作ソフト。Win/Macに対応し、イラストやマンガを快適かつ効率的に制作するための制作に必要な機能がすべて用意されています。イラスト制作にはPRO、マンガ制作にはEXがおすすめです。

情報源: イラスト、マンガ制作ソフト CLIP STUDIO PAINT | CLIP STUDIO.NET

また気がつくのが遅れたわけなんですが、やり方がよくわかんなかったので自分用にメモです。
アナログ線をスキャンして線画調整したい人には朗報ですね。

ベクターレイヤーへの変換方法

1.CLIPStudioでスキャンした画像を呼び出します

1.CLIPStudioでスキャンした画像を呼び出します

2.配置したレイヤーの上で右クリック、レイヤーの変換を選びます

2.配置したレイヤーの上で右クリック、レイヤーの変換を選びます

3.変換用の窓がでるので「ベクターレイヤー」を選択 細かい調整は「ベクター設定」ボタンを押していじります

3.変換用の窓がでるので「ベクターレイヤー」を選択
細かい調整は「ベクター設定」ボタンを押していじります

これでOKボタン押すだけです。
簡単でしょ?

手書きロゴもこのクリップスタジオのベクター変換使えばいいってことです。
PhotoshopやPhotoshop Elementsエレメンツなどで加工したいときは保存形式を「tiff形式」にしてPhotoshop等で「ファイル」>「配置」で画像置くと線画劣化が減ります。ただ、tifやtiff形式はものすごくファイル容量でかいので注意。

参考リンク: tiff形式 メリット – Google 検索

以下はPhotoshop Elements12 A4サイズ 解像度600のファイルにtif配置して拡大してみたものです。

25%表示

25%表示

100%原寸表示 ちょっとピンボケしてるかな

100%原寸表示
ちょっとピンボケしてるかな

今回はクリスタで解像度350で変換して、Photoshop Elementsで解像度600の原稿に貼り付けたからこうなったのか?と思って、Photoshop Elementsの解像度350の原稿にtiff配置しなおしてみました。

解像度350、100%表示

解像度350、100%表示

お、これなら大丈夫そうですね。

クリップスタジオdebutではついてない機能ですので気をつけてくださいね。

PR:Amazon CLIP STUDIO PAINT PRO
ビックカメラ楽天市場店:【送料無料】セルシス〔Win・Mac版〕 CLIP STUDIO PAINT PRO (クリップ スタジオ ペイント PRO)

●。PR:セルシス

初期購入費もクリップスタジオProなら1万以下です。



安心と信頼のお絵かきソフトはこれ【CLIP STUDIO PAINT】

CLIP STUDIO PAINT PROのAmazonの値段を見る
CLIP STUDIO PAINT EXのAmazonの値段を見る

 

●。スポンサーリンク











●。