PhotoshopElementsにInkscapeで作ったベクターデータを配置する方法

2017年9月13日

Inkscapeのビットマップトレース(Illustratorのライブトレースのような機能)を使えば、手書き線をベクターデーターにして、epsで保存できるわけですが、PhotoshopElementsでは画像配置できるファイル形式が限られています。で、なるべく劣化しにくい方法を考えてみました。

  • まずPhotoshopElementsで、スキャンしたアナログ線をゴミ取りしてキレイにしておきます。
    グレースケール、または2階調化しておきます。私は2階調にする派です。
    Photoshopで2階調化
  • Inkscapeでデータを開いて「ビットマップトレース」を使います。線の調整は数値になります。
    ビットマップトレースを使う
    線は太ったり、抜きの部分が丸くなったりします。拡大してみながら調整してください。複雑な線はトレースプレビューも時間がかかります

  • Inkscapeの「ファイル」→「ビットマップにエクスポート」でpng形式で出力できるのでこれを保存します。
    「ファイル」→「ビットマップにエクスポート」でpng形式で出力。
  • 再度Elementsにもどって、「ファイル」→「配置」で作ったpng画像を呼び出して好きな大きさに拡大縮小してから確定。
    freesoft-test5
    どうでしょう、見た感じ劣化は防げているようです。

以上のトレース機能を駆使すれば、以下の使いまわしに便利です。

  • ロゴ・タイトル・漫符・噴出
  • キャラ特有の刺青・眼鏡・魔法陣
  • あんまり複雑じゃないけどよく使う背景
  • モブやパースのあたり線(基本的なあたり線だけベクターデータで作っておいて好きな大きさにして配置、後はデジタルでペン入れするって方法です。パース定規が上手く使いこなせない私が考えた苦肉の策です・・・)
  •  

     

    Inkscapeは作ったパスのラインに文字を乗せて、動きを作ることもできるよー。
    インクスケープ+仕上げはPhotoshop

    Draw Freely. | Inkscape.

    ●。スポンサーリンク











    ●。